華頂短期大学

サイト内検索

歴史・沿革

HISTORY

明治44年 (1911) 浄土宗総本山知恩院が宗祖法然上人の700年遠忌を記念して、「華頂女学院」を開校
詳細はこちら
昭和10年(1935) 「華頂幼稚園」を開園
詳細はこちら
昭和28年(1953) 「華頂短期大学」を創設し、保育科・被服科を設置 入学定員各40名
詳細はこちら
昭和32年(1957) 被服科を家政科に科名変更
昭和33年(1958) 社会福祉科を設置 入学定員30名
詳細はこちら
昭和37年(1962) 保育科・家政科・社会福祉科の入学定員を各60名とする
昭和40年(1965) 保育科・家政科・社会福祉科の入学定員を各80名とする
保育科・社会福祉科が保母を養成する科として指定される
昭和42年(1967) 保育科を幼児教育科に科名変更
幼児教育科・家政科・社会福祉科の入学定員を各150名とする
昭和50年(1975) 幼児教育科を幼児教育学科、家政科を家政学科、社会福祉科を社会福祉学科にそれぞれ科名変更
昭和51年(1976) 家政学科を生活科学専攻・被服専攻に、社会福祉学科を社会福祉専攻・児童福祉専攻に分離
昭和61年(1986) 家政学科の生活科学専攻・被服専攻、社会福祉学科の社会福祉専攻・児童福祉専攻の入学定員を各100名とする
昭和63年(1988) 社会福祉学科社会福祉専攻にて、介護福祉士の養成を開始する
平成元年(1989) 社会福祉学科に介護福祉専攻を設置 入学定員40名
平成6年(1994) 家政学科を生活学科に、被服専攻を服装科学専攻に名称変更
生活学科に生活文化専攻を設置
平成8年(1996) 新本館・図書館落成
詳細はこちら
平成13年(2001) 華頂学園創立90周年を迎える
平成14年(2002) 社会福祉学科介護福祉専攻の入学定員を80名とする
学校法人華頂学園、学校法人浄土宗教育資団と法人合併
平成15年(2003) 短期大学創立50周年を迎える
詳細はこちら
平成16年(2004) 生活学科の各専攻を生活科学コース・健康科学コース・保育コースに変更
平成17年(2005) 社会福祉学科各専攻を、社会福祉コース、児童福祉コース、介護福祉コースに変更
平成19年(2007) 生活学科(130名)・幼児教育学科(200名)・社会福祉学科(250名)に入学定員変更
平成21年(2009) 学校法人浄土宗教育資団、学校法人東山学園と法人合併
法人名を学校法人佛教教育学園に改称
平成22年(2010) 歴史文化学科を設置
平成23年(2011) 生活学科・社会福祉学科を改組、人間健康福祉学科を設置
平成25年(2013) 開学60周年記念式典を挙行
平成26年(2014) 歴史文化学科を歴史学科に名称変更
幼児教育学科入学定員変更(240名)
人間健康福祉学科を改組、介護学科とする
平成27年(2015) 歴史学科入学定員変更(50名→40名)
平成28年(2016) 幼児教育学科の入学定員を220名とする
人間健康福祉学科を廃止
介護学科募集停止