華頂短期大学

サイト内検索

幼児教育学科学科の特色

FEATURE OF DEPARTMENT

子子どもの個性と感性、創造力を伸ばすための知識・実践力を身につけます。

写真

生涯にわたる人間形成の基礎を培う乳幼児期。この大切な時期に子どもたちと向き合う幼稚園教諭や保育士は責任も重大ですが、大きなやりがいを感じられる仕事です。幼児教育学科では子育て全体への広い視野を大切に、今日的な課題を把握し、自分なりの教育観、保育観を持てる幼児教育者・保育者の育成をめざします。
子どもの心身の発達や教育について広い角度から学び、子ども一人ひとりの個性と感性、創造力を引き出すための知識や実践力を培います。また、「学生一人ひとりの顔が見える教育」を基本にした密度の濃い指導により、自ら考え、行動できる力を引き出し、人間としての豊かさをはぐくみます。

学びのポイント

CLASS WORK PICKUP! 保育者に求められる知識と現場で役立つ実践力を身につける

写真

乳幼児期の教育・保育に関する専門的な知識とともに、ピアノ、手遊び、絵本の読み聞かせ、おもちゃづくりなどの保育現場で必要となるスキルを習得していきます。
また、学外実習の始まる前にできるだけ現場経験を積み、子どもたちや園の先生方との関わりを通して、現場で求められる実践力を養っていくことを目的として、附属幼稚園での現場体験研修やボランティアを実施しています。

  • STEP01実習への基礎力を育む
    講義・実技をバランスよく履修
    実習に必要な知識と技能をバランスよく身に付けます。講義では「教育原理」「発達心理学」「小児栄養」など基本的な要素を、実技では「音楽」「図画工作」「小児体育」などより実践的な要素を習得します。
    教育現場体験研修
    キャンパス内に併設された華頂短期大学附属幼稚園での現場体験研修は、学生全員が参加し、主に土曜日に行われる幼稚園のイベントのサポート役に取り組みます。
    また、希望者は、運動会や生活発表会などのボランティア活動にも参加することができます。
  • STEP025つの実習を通して実践力を身に付ける
    1年次

    2-3月

    保育所(10日間)
    講義・演習・実技の授業を通して学んだ知識・技能を総合的に実践し、保育士としての基本的な役割を理解します。
    児童福祉施設(10日間)
    「乳児院」「児童養護施設」「知的障害児施設」などで利用者とともに生活を送ることで、広い視野と人を思いやる福祉の心を育みます。
    2年次

    6月

    幼稚園(2週間)
    「見学・観察実習」で子どもと教育者の実情を理解。
    その後の「参加実習」で子どもとのかかわりや指導法を学び実体験をしていきます。
    2年次

    8-9月

    保育所・児童福祉施設(10日間)
    保育計画を立てた全般的な保育や
    養護技術の習得など応用力を高めます。
    2年次

    9月

    幼稚園(2週間)
    主体的に指導計画を立て「部分実習・指導実習」に取り組みます。
    これまでの実習経験を元にプロとしての意識と技術を学びます。
  • STEP03教職実践演習により現場で求められる能力を完成させる

    学生がこれまでに培ってきた知識・技術・意識・応用力を確認し、さらに高める総仕上げを行います。幼児教育の現場で働くための能力を完成させ、プロとして社会に送り出します。

    写真

学生Voice