華頂短期大学

教 員

TEACHERS

教員紹介

教員名 工藤 美和子 (くどう みわこ)
職名 准教授
学歴 佛教大学大学院文学研究科佛教文化専攻博士課程修了
学位 博士(文学)
担当教科 人間と仏教Ⅰ
人間と仏教Ⅱ
京都の歴史と文化
歴史学概論
日本文化総論
歴史学演習Ⅰ
歴史学演習Ⅱ
日本史特論(1)<古代~中世>
京の年中行事
専攻・専門分野 仏教史・浄土学
研究テーマ・内容
所属学会 仏教史学会、日本印度学仏教学会、日本思想史学会、日本宗教文化史学会、佛教大学仏教学会
学外活動
研究業績:著書 ・『平安期の願文と仏教的世界観』(思文閣出版、2008年)
・『平安期の願文と仏教的世界観』(2008年出版『平安期の願文と仏教的世界観』
  オンデマンド版、思文閣出版、2016年)(単著)
研究業績:論文 ・「日本中世の釈迦と舎利―隠されているものの宗教史」(池見澄隆編『冥顕論』法蔵館、
 2012年)
・「「愚」かであること―法然と貞慶」(佛教大学総合研究所編『法然上人800年大遠忌記念
 論文集』、法蔵館、2012年)
・「勢観房源智「阿弥陀如来像造立願文」について(『佛教大学歴史学部論集』2013年3月)
・「法然上人の語り-念仏往生の願は男女をきらはず」
 (『佛教文化研究』第60号、2016年3月)
・「狂言綺語は讃仏乗の因とす―慶滋保胤の漢詩文にみる仏教観」
 (『華頂短期大学 歴史文化研究』第7号、2018年3月)
メッセージ 人生8割は辛いことの連続です。10割満足な人生なら誰も自分が幸せだなんて感じません。
苦しいこと悩みがあるから、幸せとは何かを人間は感じることができるのです。学生生活も
同じです。もがきながらも頑張ってください。