華頂短期大学

サイト内検索

教 員

TEACHERS

教員紹介

教員名 榎本 正明 (えのもと まさあき)
職名 教授
学歴 佛教大学大学院文学研究科博士後期課程仏教学専攻 単位終了満期退学
学位 文学修士
担当教科 アジア史
人間と仏教Ⅰ
人間と仏教Ⅱ
人生と哲学
ブッダの教え
法然上人の思想と生涯
専攻・専門分野 インド哲学
初期仏教
研究テーマ・内容 初期仏教、ジャイナ教の修道論の研究
所属学会 日本印度学仏教学会
日本仏教学会
日本宗教学会
東方学会
浄土宗教学院
法然学会
佛教大学仏教学会
International Association of Buddhist Studies
学外活動
研究業績:著書
研究業績:論文 単著「dhutaの成立について」香川孝雄古稀記念論文集『仏教学浄土学論集』永田文昌堂 2001
単著「『佛説十二頭陀経』の成立について」華頂短期大学研究紀要43号 1998
単著「Jainaのtapasについて」華頂短期大学研究紀要32号 1987
メッセージ 華頂短期大学は、4年生大学とはひと味違った、密度の濃い学習と、身近な関係にある学生と教員・職員との繋がりによって、充実した学びと種々なる体験を通して、豊かな情操を備えた人間力を培うことに力を入れています。