華頂短期大学

教 員

TEACHERS

教員紹介

教員名 伊藤 茂樹 (いとう しげき)
職名 准教授
学歴 佛教大学 文学研究科博士課程浄土学専攻満期退学
学位 修士(文学)
担当教科 ブッダの教え
法然上人の思想と生涯
人間と仏教Ⅰ
人間と仏教Ⅱ
言葉と文化
芸術と文化
日本の歳時記と年中行事
基礎ゼミ
専攻・専門分野 思想史、日本仏教史
研究テーマ・内容 法然とその門流、南都仏教、東アジア交流史、浄土宗史
所属学会 印度学仏教学会、仏教文学会、仏教史学会、西山学会
学外活動 知恩院浄土宗学研究所研究副主任、浄土宗総合研究所嘱託研究員
研究業績:著書
研究業績:論文 「四天王寺の浄土教」(一)(『歴史文化研究』8、2019年)
「延寿と南都浄土教」(『印度学仏教学研究』、2018年)
「明遍と蓮華谷聖の浄土教」(『仏教学部論集』100、2016年)
「法然と明遍」(『印度学仏教学研究』64-1、2015年)
「不断念仏の受容背景」(『開宗九百年・大通上人三百年御遠忌奉修記念論文集 融通念仏における信仰と教義の邂逅』、2015年)
「不断念仏と『往生要集』」(『印度学仏教学研究』62-2、2015年)
「知恩講について」(『浄土宗学研究』40、2014年)
「日本における永明延寿の伝承」(『現代社会と法然浄土教』、2012年)
「法然と永明延寿」(『福原隆善先世古稀記念 佛法僧論集』、2012年)
メッセージ