華頂短期大学

サイト内検索

学生参画運営センター

第3回 浄土宗宗門関係大学社会連携企画報告会・シンポジウム (3/3)

報告会・シンポジウムに参加した学生の感想です。


 「同じ大学生が様々な形で活動しているのだということを知り、もっと頑張りたいと励みになりました。」


「他の大学生の活動内容、意義を聞くことができ、とても興味深く、まだまだ経験できていないことがたくさんあると思いました。」


「各大学のいろいろな活動とそれに対する思いを聞いて、自分自身もっといろんなことに挑戦していきたいと感じました。」


参加学生の感想から、五大学の社会連携活動のネットワークをひろげ、今回のような交流事業を開催していくことで、
お互いの実践から学び合い、個々の取り組みを高めていく、また一緒に活動を取り組むことでさらに量・質ともに充実した社会連携につなげられるのではないかと考えられます。

 

「自分の活動の意義について考えるきっかけになり、これからはただ活動するのではなく、目標をしっかりともって活動して行きたいと思いました。」


「共生とはなんだろうと自分なりに深く考えることができ、他の学生の意見や考えも聞くことができてとても良い経験になりました。」


学生生活の中で社会連携活動に参加することで、自らの生き方を考える機会となっているようです。

地域への貢献がやがて自分の成長につながる、今日も学生の皆さんはそれぞれの活動を通して学びを深めています。

学生の社会連携活動をサポートする立場として、浄土宗宗門関係校だからこそできる社会連携の在り方を学生と一緒に探し実践につなげていこうという思いが一層強くなりました。